NEW POST

#自分をいたわるごはん 鮭の粕汁

d0169303_16555808.jpg
冬になると何度となく作る粕汁。
身体が温まるし、時間のあるときに作っておくと、帰りが遅くなっても温めるだけで済むので重宝します。



使った材料の自分メモ
鮭*温性の食材で冷えやむくみを改善してくれます。抗酸化作用のアスタキサンチンが豊富。
鶏肉*コラーゲンが豊富で(特に皮)脾や胃の働きを助けくれたり、疲労回復効果があるとされています。
大根*消化酵素を多く含むので胃腸の不調やのどの痛みに良いとされています。
人参*ベータカロテンが豊富で、免疫力を高めてくれます。肝の働きを正常にしてくれたり貧血を予防してくれる効果があるとされています。
ごぼう*中国では、薬として用いられているそうです。喉の病気の治療薬に使われているそうです。繊維質も多く、腸の整えてくれます。
こんにゃく*五性では寒ですが、こちらも腸の老廃物を身体の外に出してくれる役割があるとされ、グルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれています。
椎茸*低カロリーでミネラルが豊富。気や血の流れをよくし胃腸を元気にする働きがあるそうです。生より日に当たるとビタミンdがふえるので干し椎茸を使う方がより栄養価が高くなるかもです。


by la-table-en-plus | 2018-12-25 08:16 | 薬膳 | Comments(0)

料理家 尾関由美。イタリア料理とフレンチ惣菜の店カンティーヌ・ドゥー・デリス オーナー兼ソムリエ。料理教室ラ・ターブル・アン・プリュス主宰。お教室のこと 自分らしい生活スタイルや食への思い


by la-table-en-plus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31